ブログ

『ことばで社会をつなぐ仕事』

サブタイトルの「日本語教育者」は日本語教師だけでなく、「日本語を直接教えるわけではなくても、自分の専門性を生かして、日本語を教えたり学んだりする人を支援する役割を果たす人たち」を表す言葉で、文化庁の「日本語教育人材の養成・研修の在り方について(報告)」で言う「日本語教育人材」と同じ専門家のことを指すようです。⇒文化庁「日本語教育人材の養成・研修の在り方について(報告)」について

開業15周年。

本日は、当事務所の開業記念日。
おかげさまで15周年を迎えることができました。
ご依頼いただいたお客様、ご指導いただいた先輩行政書士の皆さん、ともに頑張ってきた行政書士仲間の皆さん、その他大勢の皆さんの支えがあったからこそです。
本当にありがとうございます。
これからも宜しくお願い致します。

開業15周年

今回も妻が15周年記念イラストを描いてくれました。
僕たち夫婦と事務所キャラクターのめがね羊、そして我が家の飼い猫びぜんです。
このめがね羊のキャラクターを作ってくれたのも妻でした。
いつもありがとうございます。

そして、5月3日開業記念日は憲法記念日ということで、例年、憲法に関する本を読むことにしているのですが、今年は「令和」元年ということで、早稲田大学の川岸令和先生が監修されたこちらの本を読んでみました。
子ども向けの本ですが、もう一度、憲法について振り返ってみるのにはお勧めです。

というわけで、改めまして、皆さん、今後とも宜しくお願い致します。